2012年03月09日

ザ・モンキーズ

The Monkees.jpg
左から マイク・ネスミス、ピーター・トーク、デイビー・ジョーンズ、ミッキー・ドレンツ

ワタシ、中学生だったかなァ…。。
アメリカに『The Monkees』なんて云う『The Beatles』を真似たような四人組のロックグループが現れた。
テレビでも毎週午後7時位から彼らが主役の30分番組が放映されていました。
ワタシ、彼らと彼らの楽曲にハマりましてね、英語の歌詞を内容もわからないのに結構色々覚えました。
四人の名前は今でもスラスラ出てきます。
ワタシの頭の中ではビートルズ並なんですネ(笑)
デイビー・ジョーンズ、ピーター・トーク、マイク・ネスミス、ミッキー・ドレンツ…。。
あ!デイビージョーンズって云っても"パイレーツオブカリビアン"のタコの化け物の船長ではないですよ~(笑)

そのモンキーズのリードボーカル、デイビー・ジョーンズが先達て亡くなりました。
66歳。晩年は不遇だったみたいですが、彼の唄声は永遠です。。

全世界で名アーティストにもカバーされてる彼らの代表作『ディドリームビリーバー』↓


ちなみにワタシの一番は『The Rolling Stones』でしたけど^^;;
posted by imno1 at 11:34| Comment(18) | TrackBack(0) | songs | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
モンキーズ・・・・知っていますよ!  勿論ビートルズもね・・・!!
でもわたしの高校生時代は、ニール・セダカ、ポール・アンカ、・・・
何と言ってもエルビス・プレスリーの時代ですね?
でも、ドイツのベルト・ケンプフェルト楽団の音楽が好きで真似しようと
トランペットを買いました。
Posted by るーちゃん at 2012年03月09日 20:55
おはようございます
モンキーズ名前だけはしっていますが多分あまり
聞いたことありません ベンチャーズ・ビートル
ズならよく聞いていたのですが・・・
Posted by カメラ夢遊 at 2012年03月10日 05:54
おはようございます。そうですか、デイビージョーンズさんが亡くなりましたか。。
短い期間だったけど一世を風靡したグループでしたね。
モンキーズのテーマは当時の日本で流行り始めたグループサウンズのザ・タイガースが替え歌で歌ってましたね。。
今でもこの歌は何かのCMにも使われてますよ。
Posted by 名無し at 2012年03月10日 06:24
imno1さんおはようございます。
デイビージョーンズさんは私よりだいぶお兄さんですけどとても可愛い人でした。
綺麗なお顔で小柄で甘い声で・・・。
忌野清志郎さんのこの歌を初めて聞いた時は少し嫌だったわ。
あ、忌野さんが嫌いとかじゃなくてなんかイメージが違ってしまって。
今は別にそうは思ってません。それはそれなりに良いかなって。
Posted by ピロりん at 2012年03月10日 09:56
にいさま こんばんは
小学生だったアタイにはわかりません。
この曲は聴いたことありますよ。
今流行の年の差婚、一番年齢感じる話題でしょうね(^_-)

昨日、くしゃみの連発ありませんでしたか^^
Posted by ふうこ at 2012年03月10日 22:15
おはようございます~。。
私も↑ふうこさんと同じく~ザ・モンキーズは判りません。。
中学の頃は、ミシェル・ポルナレフやカーペンターズ、ポールマッカートリー&ウイングス、ジクゾー・・・なんかにはまってました。
でも、この曲“デイドリーム ビリーバー”はリメイクで聴いたことがあります。
忌野清志郎が歌うのが印象的で、
アメリカンドリームみたいな・・・
Posted by ジャスミン at 2012年03月11日 09:25
るーちゃんおはようございます
ニール・セダカ、ポール・アンカ、コニー・フランシス、ドリス・デイ…
懐かしいですね、オールディーズ 50年代60年代…
ワタシは幼児~小学校低学年~ようやく中学生…と
姉二人が歳が離れてるので彼女らの影響で良く聴いてました
あの頃の唄の方がやっぱイイかも知れません
セピア色です セピア色!!(笑)
Posted by imno1 at 2012年03月11日 09:49
夢チャンおはようございます
ベンチャーズおわかりなら彼らより後に結成されたモンキーズも同時期に活動してたので…おかしいなァ
まぁ、活動期間が5年くらいと短かったからかな?
ヒット曲はかなりあるんですけどねェ
Posted by imno1 at 2012年03月11日 09:57
おはよっ!名無しサン やっぱ同年代でないとこう云う話は合いません
『Hey Hey! We're The TIGERS!』…なんて替え唄ですね
ありましたねェ 日本のGSも良かったなァ
Posted by imno1 at 2012年03月11日 10:01
ピロりんサンおはようございます
デイビージョーンズは日本の女子にモテモテでしたねェ
ホント小柄で可愛らしいお顔で のちの郷ひろみみたいでした

ボクも忌野サンの唄は日本語だったしなんかピンと来なくてイヤだったけど…
今はそれなりにイイなと思ってますよ
それに彼は中日ファンだったので許します(笑)
Posted by imno1 at 2012年03月11日 10:07
ふうチャンおはよー
音楽って結構まわりの影響を受けるもんですから子供でも結構生意気なジャズ、スタンダードを聴いたりイイ年になってもアニメソングに詳しかったりするもんです
アタシゃチビの時から姉らの影響で聴いてた米ポップスが好きだったのでずぅっと洋楽ズキだったのです
んで両親の影響で「松島アキラ」とか「仲宗根美樹」とかも良く聴いてて(笑)
こんな名前云ってもわっかンねぇだろーなー

最近ずっとクシャミが激しくて… 噂のオトコですワ
Posted by imno1 at 2012年03月11日 10:17
ママンおはよー
ママンは多分ふうチャンと同じくらいのお年なんだろうな…
幼児から高校くらいまでは音楽に対するイメージとか聴いてる聴いてないって感覚大きいですね
う~ん、ちょっと表現が上手くないけど(^^;;ゞ

郷ひろみに対して彼より年上の男が彼に持つイメージと彼より年下の女性が彼に持つイメージが違うようなもんです
あ、もっとややこしい表現になったかも^^;;;

まぁね、良い曲は世代を超えて永遠に…ですネ 上手くまとまりましたエヘヘ
Posted by imno1 at 2012年03月11日 10:36
分かります~。。
映画もそうですよね。私は中学の頃、義兄の影響で西部劇(ジュリアーノ・ジェンマ)とか、ソレ系の映画をよく観てました。
中学の英語の先生は授業中に“007”の話ばっかりするし。。
洋楽は、当時からあった雑誌“Seven teen”で洋楽の歌詞が載っていたらその歌手のことが気になって聴きあさったり・・・深夜ラジオで聴いて録音したり。
別の英語の先生がよくLL教室で洋楽をかけてくれてその影響が大きかったような・・・今からしたら考えられないことで。
Hiromi Goに関しては「そうなんや~」って感じ??(笑)
彼の生き方を私も真似したいし、ず~っとついていきたい!!って思います(爆笑)
Posted by ジャスミン at 2012年03月11日 11:03
おこんばんは
セピア行ってきたよ。
題材が一種類なので、もう少しおやつが欲しい。
落ち着くのはあります。
額に入れてもいいかな^^

『中曽根美樹』は知ってます。
でも すぐには思い出せない^^
姉妹(兄弟)のいる子たちは、音楽も
雑誌なども情報は”おませ”でした。
ジャスミンさんのお姉さんとふうこ
たぶん同学年かな^^
Posted by ふうこ at 2012年03月11日 18:19
ママンこんばんは
ヒロミGOは何だか自分を見てるみたいです アハハ

スミマセン云い過ぎました(^^;;ゞ ふうチャン黙っといてェね
Posted by imno1 at 2012年03月11日 22:50
コケにしとる~!??
同じものばかりではなく色んなおつまみが欲しいですネ

『♪川は流れる』ですよふうチャン、仲宗根美樹サンてのは
あ、あんまりピンと来ないかな?年齢のギャップ?
唄を知ってる知らないってこう云う差が案外大きいンですね
Posted by imno1 at 2012年03月11日 22:57
おはにん
「川は流れる」聴いてきたけど、
まったく知らなかった(-.-)
すんごい昭和だがね。
お衣装がヅカかと思った(~_~;)
らりるれろの発音が独特。
勉強になりました。

ゴウさんのように足はあがらないと思いますが、
人を引き付ける魅力はGOだと思います。
だで”くしゃみ”だがね(^_-)

次回は”おやつ””おつまみ”のある
情報を提供させていただきます^^
帰りの路地はおもしろかったよ。
ご縁のない○○ホテルの前を
通ったり。狸が2この居酒屋とか
看板にゃんことか。
Posted by ふうこ at 2012年03月12日 08:43
ふうチャンおはよー ちょっと他所で忙しくて^^;;
「♪川は流れる」と「♪川の流れのように」と似てるけど全然違う唄
前者は暗い まるでボクの心のよう…なんてな( *´艸`)ウププ
らりるれろの発音?そう!そうかも!!鋭い指摘☆

足どころか肩も上がらん ついでにウダツも上がらん なんでやね~~ん!!
じゃ、今度は今池でグビ♪
Posted by imno1 at 2012年03月14日 08:54
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック