2011年03月05日

ゴッホ展

DSC_9484_640.jpg
9時半オープン。9時10分に着きましたがもう並んでました。

一年以上前から話題になっていた『ゴッホ展』。
サブタイトルは"こうして私はゴッホになった"。。
今日、朝一で名古屋市美術館に行ってきました。

DSC_9498_640.jpg

東京、福岡と好評だったようですがボク的には少し物足りなかったな。。
ボクが知ってる主なゴッホ作品は…。。
『ひまわり』『夜のカフェテラス』『糸杉と星の見える道』『スターリーナイト(星月夜)』『自画像』『(耳を切った後の)自画像』。
今回の展覧会ではこのうちの『自画像』だけしか来てなかったのですよ。
まぁ、でも新たにお気に入りになった絵も三枚ほどありましたので満足しておきましょうか。。
しかし日本人てゴッホが好きなんですかねェ?
ボクはモネ、ロートレック、クリムト、マグリットと、全く好みに一貫性がありませんがゴッホが一番てワケにはいきませんネ。

DSC_9507_640.jpg


DSC_9511_640.jpg
コレ、前にもココに載せましたネ^^; 後ろから撮ると結構ヤバイんですよ~(笑

DSC_9516_640.jpg


DSC_9536_640.jpg
暖かさに誘われておっチャンがうつらうつら(-.-)Zzz

さてさて、この美術館がある白川公園はボクが一番好きな公園。
19号線と100m道路に囲まれて広々としてて、造りもとっても都会的☆
公園内には二週間後に新たに生まれ変わってオープンする名古屋市科学館、そして世界最大のプラネタリウムもあります。
オープンして公園内がごった返す前に急いでゴッホ展に行ったワケであります(笑

DSC_9530_640.jpg


DSC_9549_640.jpg
ドーム内側の直径が20mから35mに。カールツァイス製の特注プラネタリウム投影機。

帰りも伏見界隈をぷらぷら撮影。
今日はちょっぴり暖かくて気持ち良かった~~♪♪

DSC_9550_640.jpg


DSC_9566_640.jpg
posted by imno1 at 23:48| Comment(28) | TrackBack(0) | art | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます
日差しに春の匂いですね
ベンチでコックリコックリ・・・一番気持ちのいい寝方(笑)
うつらうつら春うらら いい季節になりました
Posted by 時平 at 2011年03月06日 05:06
おはようございます
名古屋は有名な展覧会が来るのでうらやましいで
す 絵は自分の好みで選ぶモノですね 著名作品ばかり
では・・・
>コレ、前にもココに載せましたネ^^; 後ろから
>撮ると結構ヤバイんですよ~(笑
是非後ろからも撮って下さいね そんな事言われ
たら気になってしょうがありません・・・多分そんなに
気になるなら見に来ればといわれそう

Posted by カメラ夢遊 at 2011年03月06日 05:22
おはようございます。ゴッホ展、評判ですね。
新科学館がオープンしたら美術館も目と鼻の先、混雑必至です。
昨日行かれたのは賢明ですよ。

それにしてもimno1 さんは絵画に詳しいですね。。
私、クリムトやマグリットって作品が思い浮かびません(^-^;;
とりあえず私もゴッホ展にも新しいプラネタリウムにも行ってみたい。。
そんな気持ちだけは充分あるのですが(笑)
Posted by 名無し at 2011年03月06日 08:07
おーぃ、生きてるじょ
ゴッホ行くって言ってたもんね
美は心を美しくするなりよ
Posted by kao at 2011年03月06日 09:38
こんにちは。
imno1 さんは小学生の頃、絵画教室に通われていましたよね?
どこかでそんな事知った記憶があります。
習字もお上手だったんですよね。
今も素晴らしいお写真撮られてますものimno1 さんは芸術家です(^-^)

科学館ももう間近ですね。
名古屋港にはJR東海の鉄道博物館もオープンしますね。
Posted by choco at 2011年03月06日 12:42
ゴッホ展ですか?
kaoさんが、書かれている「美は心を美しくするなり」なるほど・・・です。
絵も書道も・・・羨ましいかぎりです。

街の写真も素敵です。
被写体を探して歩くのも楽しいですね。

お父様が亡くなられて一年を迎えようとしているのですね。
犬山祭りが近づいてくると思い出します。
Posted by Bokkasa at 2011年03月06日 20:21
下から4枚目が、フジテレビ社屋に見え
その下の写真が、道路に落ちるんじゃ??
って、心配な亀三郎です(汗)
兄様、ゴッホ展に行かれたんですね~~~
絵画って、お好きな人が直接鑑賞すると
やはり、ある種の「感動」みたいなものが
あるんでしょうね?
私には、、、そうゆう感性がないので
それが、残念です、、、
Posted by 亀三郎 at 2011年03月06日 23:09
私も印象派といわれる、モネ・ルノワールが好きです。
ロートレックの絵は、ルノワールと被るものが数点あるけど、タッチが違いますよね。。同じ場所で同じものを見て描いても作者によって違うんだなぁ~と面白く感じます。
クリムトは、ちょっと怖い。。
マグリットも、『人の子』とか・・・シュールな感じで全体的に神秘的な感じがします。。
ゴッホの『夜のカフェテラス』好きな絵です。。
以前に書いたことがありました→http://mo2.dtiblog.com/blog-entry-186.html
日本の画家からの影響が大きいとのことで、なんだか嬉しいですよね。。
こんな絵も描けるんだ~って思った作品が結構あります。
“新たにお気に入りになった絵が三枚”
・・・どんな絵なんでしょう??
先日、NHKで“岡本太郎生誕100年記念ドラマ”をやっていて観ました。
「藝術は爆発だ!!」
Posted by たまのママ at 2011年03月07日 00:10
時サンおはようございます いつもどうもです
ココに来て陽射しの「明るさ」が増してきました
少し眩しいと感じる日もあります
  …春です
Posted by imno1 at 2011年03月07日 08:59
夢チャンおはよう
そんなに気になるのなら見に来れば  
   …云ってみました(笑

ボクの高校の同級生の内灘夫人は乗馬をやってるそうです
そちらの内灘は変な事で有名になっちゃいましたね
Posted by imno1 at 2011年03月07日 09:03
名無しサンおはようございます
先日と今週の土曜日ともう土曜日のチャンスは二度しかありませんでした
入館前に少し並んだもののゆったり鑑賞出来ました
新プラネタリウムも是非とも行ってみたいと思います
科学館の方の展示も興味深いね
Posted by imno1 at 2011年03月07日 09:07
kaoチャンやっとかめ おみゃあさんどうしとった!!?
兄サマのことを忘れとったんかァ(`へ´)
ま、でも色々調子悪そうだし許ぃたるわな

土曜日の朝からゆったりとした気分になって来たよ♪
Posted by imno1 at 2011年03月07日 09:14
chocoサンおはよ~ 記憶力いいンだねェww
ボク、絵を習いに行ってたなんて書いたっけ??^^;
写生が下手で観察力もなくてソレを養わせようと父が行かせたようです
でもお陰で絵を描く事も観る事もスキになったよ
あ、今は全く描かないけどね

JR東海の『リニア・鉄道館』ですね…
愛・地球博のようなカンジかな?
オープンにつれてあおなみ線沿線の町が活発になると嬉しいですね
Posted by imno1 at 2011年03月07日 09:22
Bokkasaサンおはようございます
一年なんて過ぎてしまえばなんと短いことか…
又犬山祭りの季節が間近なんですね…

絵も書道も昔の話しです^^;;
Posted by imno1 at 2011年03月07日 09:29
亀先輩おはようさん 絵画も写真も一緒です
"あぁイイ写真だなァ"って思う事、あるでしょ?
絵を見てもそう思わせる絵が必ずあると思うんです
「いい」と云う表現がふさわしくなくても、少なくともふと眼を留める絵ってあるでしょ?
絵画鑑賞なんてそんな感じでいいんじゃない?
な~んにも考えなくてボ~っと見てるだけですボクは
その中に目を留めるものがあったりしてね…
まぁ、市立美術館も県立美術館も近いから気軽に行けるってのもありますけどね
Posted by imno1 at 2011年03月07日 09:45
おはようございます。
imno1 さんってすごくハイクオリティな人だなあっていつも思います。
すごく色んな趣味を持たれて色んな事が出来て色んな事を知っておられる。
女性のお友達が多いはずです( ̄▽ ̄;)
Posted by ピロりん at 2011年03月07日 10:11
ママンこんにちは
ママンはボタニカルアートや書道に精通してるだけあって絵画にも詳しいンだね

今回額の前で立ち止まったのは「アルルの寝室」「ゴーギャンの椅子」、そして「アイリス」の三点です
アルルの寝室は実際に原寸大?で模型まで作って飾ってありました
でも特にイイと思ったのは「ゴーギャンの椅子」だよ
クリムトの描く女性は艶っぽいよ 比較的近年興味を持った画家です
万人受けするのは断然ゴッホですけどね…

過去ログみました あの頃はまだおつき合いありませんでしたネ

名古屋のあるお寺にも岡本太郎デザインの梵鐘があるんですよォ
Posted by imno1 at 2011年03月07日 12:30
ピロりんサン買いかぶり過ぎ^^;
どんな事でも"下手の横好き" 知識も"広く浅く"…
色々突っ込まれるとボロの出るタイプの人間です^^;;
で、女性の扱いがわからない不器用人間なんですヨ マジです
Posted by imno1 at 2011年03月07日 12:34
imno1さん、こんにちは!
わたしは、写真と言い、歌と言い、なんでも不器用で理解出来ません。
音楽だけは聴く分については好きですが、歌と、楽器は全く出来ません。
ペン字も筆もミミズののたうったような字を書いていますし、絵は全く描けないし
理解も判断も付きません・・・・唯一好きなのはフェルメールですかね・・・。
しかも知ってる絵は数少ないです。
能も、歌舞伎も、演劇も、ミュージカルも好きではないし、知識は全くありません。
Posted by るーちゃん at 2011年03月07日 15:21
おばんげ
行くんだけどね 様子見
8時については寒いよね^^

お雛様は?
Posted by ふうこ at 2011年03月07日 16:50
( ̄^ ̄;)あたしゃ、ダレがなに言おうがピカソ命だもんね
絵なんちゅうもんは、専門家にでもならぬ限りは、なにをどう思おうがえぇと思うんよ
嫌いなヒトは見なければいいし、あたしみたいに美術館の中に居る己がすきっちゅう人間もおる
兄貴は勿論教養人間でもあるけれど、楽しもうという姿勢がすばらしいと思うんよ
想像だけど、完璧主義だと思うわ
だからして  σ´▽`;)のようなタアケは新鮮なんじゃない?
どう、ズバリでしょ よく言われるの えへへ

あっ、それと黙っとこうと思ったけど、こういう性格だで言うわ
あたちのコメ、無視しよったなおみゃーさん
まぁ過激な発言したでえぇんだけどね、今回は無視しんといてね、お友達おれへん、さみしい人間なんだで
Posted by kao at 2011年03月07日 18:51
こんばんは・

imno1さんはよく美術館へ行かれるんでしたよね
絵画などで美的センスを磨かれているから
写真を撮られてもセンスある撮り方を
されるんだな~て思っちゃいましたよ。

プラネタリウムにほ一度行ってみたいと思っています
Posted by グランマ at 2011年03月07日 22:44
るーちゃんおばんです
芸術に親しむと心にゆとりが生まれる、なんて云います
でも実際は鑑賞するのではなく、自分自身が芸術を実践する事が大切だとボクは思います
るーちゃんは少なくとも写真心が充分おありですから大丈夫です
無理矢理芸術に親しむ事など不要です
かえって芸術ギライになっちゃうよ
Posted by imno1 at 2011年03月07日 23:47
ふうチャンおばんげ 8時は早過ぎ
平日でしょ? 入館に並んでも中は比較的ゆったりしてる
9時半オープンだと思うから15分前くらいに大丈夫ではないかしら…

おひなさん、アップしたよデジブックで
Posted by imno1 at 2011年03月07日 23:50
市よ そなたが申す事、兄はようわからぬ
「無視」とかようわからぬではないか(。~゚?)
兄はそなたに決して淋しい思いなどさせぬ 安心するが良い

兄は世間から狂気の人間と云われてるやも知れぬ
じゃが完璧主義ではござらぬ どこか欠けるところがあって初めて"人"なのじゃ
わしは神ではないし神をも恐れぬ人とはなりとうないのじゃ
Posted by imno1 at 2011年03月08日 00:01
やだなァ グランマさんまで褒め過ぎぃ^^;
写真センスはマジで欠けてると思ってます
でもちょっとした描きものをするのは好きですよ
図面書きとかちょっとしたデザインとかネ

プラネタリウムは並んででも早く行ってみたいですね
愛知万博で並ぶ事を学びましたし あ、でも五年以上経ってるし(笑
Posted by imno1 at 2011年03月08日 00:07
こんばんは。
絵画とかってよくわかんないんです。
ある程度、画家の名前は知ってはいるんですけど・・・
もちろんゴッホも知ってはいます(^o^;

名古屋市科学館、懐かしいなぁ~。
ココ何度も通いましたですよ。
プラネタリウム大好きなんです。
リニューアルするんですねぇ、また行ってみたいです!!
Posted by やんぼー at 2011年03月08日 22:21
やんチャンも瀬戸時代にはやっぱ科学館来たんだね!?
愉しいとこだったでしょ~!
ボクも好きでしたよ
4~5年くらい前に科学館もプラネタリウムも入りました それが最後
今度の新プラネタリウムも並んでもいいから早く行ってみたいと思ってます
Posted by imno1 at 2011年03月08日 23:30
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック